職安のメリットとデメリットについて

転職活動をする人の多くが、職安を使っていると思います。これに関して言えば、メリットもデメリットもあるので、良い部分と悪い部分をしっかりと把握して使うべきです。まずは、メリットについて言えば、求人の数がかなり多い事です。転職サイトなども多くありますが、単純に求人数だけで見れば職安が一番だと思います。

 

そのため、とりあえず仕事探しをしたいと感じたらなば、職安に行く事で数多くの求人と触れ合うことは出来ます。そして、他にメリットを挙げると公的な機関なので、仕事紹介以外にもいろいろなことを催していることです。それは、若年者向けの相談コーナーや、その他就職活動のためのセミナーなどです。そのため、仕事探しを行うなら一番手っ取り早いのが職安と言えます。

 

そして、もちろん職安もデメリットがあります。まず一つがお役所仕事な事です。職安は公的な機関ですが、それが時には面倒だと感じます。例えば職員の人たちを見ても、やはりお役所を感じさせられることが多いです。特に仕事を申し込む際は、一々職安に行って職員の人に申し込んでもらわなければなりません。

 

そのため、一々行動を起こすたびに時間を取られます。他にも、職安では求人数自体は多いですが、ブラック企業が多かったり空求人が多かったりという噂が多いため、もう少し真剣に仕事をして欲しいと思うこともあります。これらのように、職安はメリットもデメリットもあるので、良いところはしっかりと利用していくべきです。

 

[pick up]

 

大学中退 就職
大学中退からの就職を成功させるために!

 

リクルートグループ


ホーム RSS購読 サイトマップ