転職で天職を見つける、ということ

 大学卒業後、某有名通販化粧品会社に特に何の問題もなくスムーズに就職しました。仕事は主にテレマーケティングでした。化粧品を継続使用しているお客様にお肌の調子をお伺いしたり、使用促進で効果を実感していただけるよう使用方法をご説明したりして、お客様の満足度を高めるお仕事でした。10年近く働いていましたが、色んなお客様とお話をしているうちに自分は世の中をあまり知らないことに気づきました。その会社は特に支店等もなく、女性の仕事はテレマーケティングのみで仕事内容に広がりがないことがとても気になっていました。

 

【おすすめ情報】
xn--40-df3cu43gpryb8dgs4a31t.com
40代、未経験業種や職種への転職でも、これまでのキャリアは活かすことが出来ます。

 

 結婚を機会に思い切って仕事を退職しました。同時に妊娠・出産もしたのでブランクがありましたが、やはり社会との繋がりを絶って専業主婦になるのは、自分が生きていく上で納得のいかないことだと思い、40代に差し掛かっていましたが、就職活動を開始しました。

 

 まず仕事をする前に以下の点をまとめておくことにしました。

  1. 自分には何ができるのか(デスクワークか、工場などの現場勤務か、営業か等)
  2. 勤務可能な場所
  3. 家庭があっても長く続けられそうな会社であるか(リサーチ)

 それからハローワークで教わったように、履歴書と人事担当者に試験や面接をしていただいたことのお礼状を書くようにしました。大学時代に勉強していたSPIももう一度勉強しなおしました。

 

 私の場合前職が電話応対業務だったこと、事務処理が迅速だったのを以前勤めていた会社で表彰されたこともあり、会社の受付や人事・総務系に就職したいと考えていました。そして沢山の会社を受けずに、まずは自分が「ここで働きたい!」と強く思う会社を1社だけ受けることにしました。その方が面接する方に気持ちが伝わりやすいと思ったからです。面接の時はとにかく笑顔で、楽しく話すことを心がけました。あとは「御社で働かせて欲しい理由」を明確に丁寧に伝えました。見事転職は成功し、現在も勤めています。面接していただいた方は現在直属の上司ですが未だに「あの時の面接は今までで一番忘れられない面接だよ」と言ってくれます。


ホーム RSS購読 サイトマップ