就職活動では「事前準備」をしておきましょう

自分のスキルを把握することの大切さ

 就職活動をする際に、まず最初に用意することは「自分の長所の洗い出し」です。様々なスキル(職務経験)を持っている方がいらっしゃると思いますので、一概に経験だけで就職活動の準備をしてしまうと、経験があまり少ない場合にはそれ程面接のときにメリットがあまりないため、まずは自分の資質を確かめることが重要になります。もし、職務経験が数年以上あり、業務的なスキルを持っているとすれば、これらを具体的に書き出しましょう。記入するような経験がないという場合には、今までの人間関係を思い出して、自分がどんな性格なのかを書きましょう。

 

面接では正直なことしか話さない

 就職活動では、面接が最大の難関と言えます。面接でどうしても緊張してしまって自分のことが伝えられないとか、思ってもいないことをつい言ってしまい、その矛盾を面接官に指摘されたりとか、そういう失敗談は後を絶ちません。では、こうした失敗はなぜ起こるのでしょうか。それは前述した「自分の長所の洗い出し」がしっかりできていないからです。事前の準備をしてそれを予習しておかなければ、面接の時間は全てアドリブで対処しなくてはなりません。実際に就職で成功している人はこの事前準備をちゃんとしているのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ