マニュアル通りの転職活動よりも自分で考えて行動する転職活動が重要

 年々厳しくなる雇用状況ですが、現在の日本社会はより柔軟なワークスタイルを要求される時代になりつつあります。特にひとつの職場に縛られた生き方よりも、理想の職場を求めて転職活動を行う若者が増え始めてきたことも、時代の移り変わりを象徴しています

 こういった転職によって理想の職場を求めている若者に対するアドバイスとしては、マニュアルに従った転職活動は最早今の社会では通用しないということです。

 

 特に最近ではインターネットで簡単に転職活動のマニュアルを探すことが容易になり、そういったネット上のマニュアルに従った転職活動を行う人が増え始めていますが、そういった行為は逆に転職活動においてはマイナスの結果をもたらしてしまう要因となります。

 

 誰もが同じ対応になってしまう転職マニュアルを重視するよりも、より自分視点でのオリジナルの転職活動を行うことのほうが、今の時代ではとても重要です。

 

 一昔前までは会社のルールに従ってただ与えられた仕事だけをこなしていればよかった時代でしたが、今の日本社会では、規定のルールに沿って与えられた仕事をするだけの自分の頭で考えて行動しない量産型人間は不必要の時代になってきています。

 

【特集ページ】
50歳からの転職を成功させる
50歳からの転職に欠かせないものとは?

 

MSN産経ニュース

 

 これからの日本社会に求められている人材とは、マニュアルに従うだけの人間ではなく、自分の頭で考えて行動し、自分自身の力で解決策を切り開いていく人材が必要とされています。マニュアルを捨てて自分の考えと価値観に基づいた転職活動を行うことによって、より自分で考えて行動できる人間だということを面接時にアピールすることが可能です。


ホーム RSS購読 サイトマップ