手違いから見つかった天職

当時私はある会社で受付カウンターの仕事をしていました。
特に好きでこの職に就いたわけではなく、当時は就職氷河期でどこにも就職できず、なんとか潜り込めたのがこの会社だったというだけでした。
毎日特にやりがいもなく、ただお金を稼ぐために毎日働いていました。

 

そんな感じで2年ほどたった時、給与が減給されることになりました。
ただでさえあまりもらってなかった上、これ以上我慢してここにいる意味があるのかと考え、そこで転職を決定しました。

 

しかし転職とはいえ、特になんの資格もない私にはできる仕事が限られています。
そこで、今までと同じ受付業に的を絞って職を探していました。
そんな時、ある整体のお店で受付を募集していたので、やってみようと思い応募しました。

 

面接当日、私は完全に「受付」の仕事と思って面接に臨んだのですが、話を聞いているうちに「施術者」としての面接だということに気付きました。
私のミスなのか向こうの手違いだったのかはわかりませんが、すでに面接の途中で戻るに戻れなくなってしまった私。
施術者になるなんてことはまったく思ってもいなかったのに、つい「やる気はあります」と大見得をきってしまったのです。
そうしたところ結果は合格、それから私の整体師としての人生が始まりました。

 

 

[参考記事]
34歳転職|評判と実績から厳選した求人サイトランキング
34歳に好評の転職サイトをご案内します。転職活動の基本的なことから実践編までノウハウを記載しています。34歳はこれから活躍できる年代ですので、転職のチャンスは逃さないようにしましょう。

 

 

私は手探りながらもなんとか研修を修了し、技術テストに合格、店舗に出ることになったのです。
初めはわからないことだらけ、うまくいかずに泣きたい毎日でしたが、だんだんこの仕事が楽しくなってきて、1年もたつころにはすっかり一人前の施術者になっていました。
それからは徐々に自分に自信もつき、もっとレベルアップしたいと向上心を持ちながら、結局その仕事をずっと続けることになりました。
手違いから始まった仕事が自分の天職となりました。


ホーム RSS購読 サイトマップ